骨折・脱臼・挫傷・捻挫・打撲

骨折・脱臼・挫傷・捻挫・打撲

下記のように原因がはっきりしているものに関しては、健康保険・自賠責保険・労災・生活保護・医療助成が適用になります(保険証・医療証をご持参下さい)

 

骨折(外傷性)

何らかの外力が加わり、骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態を「骨折」といいます。つまり、骨が折れて、折れたところで骨組織がつながらなくなった状態です。

 

特に適切な安静と、適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

 

脱臼(外傷性)

何らかの外力が加わり、関節を構成している関節端が解剖学的状態から完全または不完全に転位して、関節面の生理的相対関係が永続的に失われた状態を「脱臼」といいます。つまり、関節がはずれて、正常な位置からずれてしまった状態です。

 

特に適切な安静と、適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

 

捻挫

関節可動域を超える外力が関節に加わり、関節内外の靭帯や筋、腱、関節包等の軟部組織の損傷を起こしたものを「捻挫」といいます。つまり、関節に力が加わり、骨折も脱臼も起きなかったケガのことで、多くの場合、靭帯損傷をともなっています。

 

当院では、損傷の部位、程度の把握に細心の注意で臨み、必要な固定をお勧めします。捻挫だからとシップだけと思っていると、関節の緩みを残し、いわゆる捻挫がクセになってしまいます。十分な固定と適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

 

打撲・挫傷

直接外力が加わり、結合組織や毛細血管などが挫滅したために出血したものが「打撲」です。また、種々の外力によって軟部組織が圧縮されたり引き伸ばされたりすることで発生する損傷が「挫傷」です。つまり、ぶつけたり、肉離れをしたりすることです。ふくらはぎがツッタだけで肉離れになることもあります。

 

当院では、損傷の部位、程度の把握に細心の注意で臨み、必要であれば固定をお勧めします。早期の固定と適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

アクセス

●〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-11 星野ビル2階

●各線「渋谷駅」から徒歩7分または、京王井の頭線「神泉駅」南口から徒歩4分

オンライン予約はこちら

SHIBUYA整骨院小顔矯正専門サイト